日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

松本鍛 和式ククリ 7寸5分・両刃

本作は、敵兵はおろか味方の兵までも恐怖の淵に陥れた鬼神の兵士、グルカ兵…

31,000 

取り寄せの注文(予約注文など)が利用できます

商品を比較する
商品コード: M0187-26

説明

鬼神の兵グルカの魂魄宿る松本鍛の和式ククリ!
松本鍛 和式ククリ7寸5分・両刃
◎サイズ
全長: 385 mm
刃長: 225 mm
刃厚: 6 mm
本体重量: 375 g
◎仕様
鍛冶師:松本 鍛
刀身:極軟鋼に日立安来鋼青紙2号を本割込み鍛造造り
地金:極軟鋼
鋼種:青紙2号
柄:樫にタコ糸巻き、特殊樹脂塗布
鞘:朴に銅巻き、オイルスティン塗布
◎その他
作者

松本 鍛


昭和9年(1934年)生まれ。

土佐在住の土佐鍛冶2代目。

土佐刃物コンクールで 知事賞受賞。

鍛造一級技能士の資格をも持つ唯一の伝統工芸士。

同世代の鍛造家が引退していく中、“孤高の円熟の技”、と定評の土佐鍛造界の最後の名鍛冶師。

解 説

本作は、敵兵はおろか味方の兵までも恐怖の淵に陥れた鬼神の兵士、グルカ兵。 疾走する馬の腹に喰い付き下から袈裟(けさ)に斬り上げ、馬上の敵兵の足をもぎ落すなどは朝飯前、勇猛さを誇る彼らの手にはいつも、自らの命を守り続けた一本のグルカナイフがあった。 それは、グルカ兵の伝説を生み、伝統的な強さを支えた、いわば、グルカの守護神“ククリ”である。牛の首をも一刀の元に両断するほど強靭無比なる“ククリ”。 その“ククリ”をさらにパワーアップさせ、恐しい程の切れ味を与えたのは土佐の名工・松本鍛。 刀身は、鋭い切れ味と長切れで定評の日立安来鋼青紙2号を割り込んだ、本割込手打ち鍛造。〈 柄は、堅くて粘りのある樫の古木。そこには、ローアンバーに染め抜かれたタコ糸が丹念に巻かれ、さらに、特殊樹脂を入念に塗布。水に濡れても滑りにくく、抜群のハンドリングが約束されている。 (本来は、宗正企画が、土井良明氏に依頼していたものですが、氏が体調を崩されたため、新たに、松本鍛氏に依頼しました和式ククリです。価格は一割ほど高くなりますが、鍛冶の技、その完成度の高さを考えますと、割安に思います。)

追加情報

重さ375 g
大きさ385 x 225 x 6 mm