日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

刀匠・二十五代 藤原 兼房作 お守り短刀

鎌倉時代より750年の伝統を誇る、刀匠の里、岐阜県関(せき)市。関の刀鍛冶(かたなかじ)発祥は、寛喜元年(1229年)、伯耆国(ほうきのくに)(現在の島根県)より来住した「元重(もとしげ)」が祖とされ、関市内の千手院境内には、「刀鍛冶元祖、元重(もとしげ)の碑」が建てられている…

450,000 

2件の利用者評価に基づく5段階評価のうち、5.00
(2 件のレビュー)

在庫1個

すぐにお届けできます
商品を比較する
商品コード: M1403-202
商品カテゴリー: ,
鋼種:玉鋼
商品タグ:

説明

刀匠・二十五代 藤原 兼房(とうしょう にじゅうごだい ふじわら かねふさ)
刀匠・二十五代 藤原 兼房作 お守り短刀
◎サイズ
全長: 280 mm
刃長: 130 mm
刃厚: 3.8 mm
本体重量: 69 g
◎仕様
刀匠:二十五代 藤原 兼房
鋼種:玉鋼
柄:
鞘:桐箱入り
◎その他
作者

二十五代 藤原 兼房


昭和32年(1957年)生まれ。

昭和50年、刀匠・月山貞一( がっさんさだかず)に入門。昭和58年、父二十四代藤原兼房に師事。昭和57年、文化庁認定の刀匠となる。新作名刀展に於いて優秀賞、努力賞を受賞。全日本刀匠会理事。関伝技術保存会理事。関伝刀匠会会長。
解 説

鎌倉時代より750年の伝統を誇る、刀匠の里、岐阜県関(せき)市。関の刀鍛冶(かたなかじ)発祥は、寛喜元年(1229年)、伯耆国(ほうきのくに)(現在の島根県)より来住した「元重(もとしげ)」が祖とされ、関市内の千手院境内には、「刀鍛冶元祖、元重(もとしげ)の碑」が建てられている。

元重の鍛錬所開設後は、元重の弟子や、各地の名匠がこの地に定着し、”関鍛冶七流(せきかじしちりゅう)”が誕生することとなる。中でも、関の孫六(まごろく)で有名な孫六兼元(まごろくかねもと)、静三朗兼重(しずさぶろうかねしげ)、初代藤原兼房(ふじわらかねふさ)が名工として知られ、特に初代兼房(かねふさ)の丸みを帯びた独特の刃紋が、「兼房丁字(けんぼうちょうじ)」として衆目を集めた。

二十五代藤原兼房(かねふさ)―。”関”の室町時代より続く刀匠・藤原家に生まれる。少年期は、二十三代祖父に可愛がられ、祖父の鍛刀を見て育つ。昭和50年、高校を卒業と同時に人間国宝、刀匠・月山貞一(がっさんさだかず)の門を叩き、以後8年間の内弟子修業に入る。師、月山貞一からは、精神修養と鍛刀技術、さらに刀剣彫刻を盗み学ぶ。その間、一番の思い出は、師、月山貞一と共に渡米し、ボストン美術館での日本刀作刀技術と、刀剣彫刻の実技公開、という―。

昭和57年、文化庁より認定、刀匠となる。昭和58年”関”に帰り、父二十四代藤原兼房に師事。同年、新作名刀展に初出品、初入選となる。昭和59年二十五代藤原兼房日本刀鍛錬道場を開設、二十五代藤原兼房を襲名する。

以後、天皇家の守短刀を、お造りし、明治神宮及び熱田神宮に刀を奉納。大相撲横綱の太刀、四十一代四条司家(しじょうつかさけ)の鉾様式宝刀を作刀。また、父二十四代と共にレイテ島、サイパン島、ガダルカナル島の砂鉄で「鎮魂の刀」を作刀。それぞれの島に奉納供養、頭の下がる思いである。

今回発表の≪守短刀(まもりたんとう)≫は、嫁ぐ日に、愛嬢(あいじょう)に持たせる目的で製作した小振りの短刀。天皇家に守短刀をお造りした実績を持つ、二十四代兼房の入魂の逸品。銘は、二十五代兼房。刃身は、玉鋼板目鍛、刃紋は、湾(のたれ)に互(ぐ)の目(め)。姿は、平造りいおり棟(むね)。はばきは銀。鞘は、清楚な白鞘拵。「作品展で、受賞するような刀は、目にした瞬間、心に訴えるものがある。重要なことは、姿と地金のバランス。優れたもの程、明に透かすと、太陽の出ている時の雲のような冴えを感じる」という。その刀姿美は、凛(りん)として静冽。吸い込まれるような妖しさと、霊妙なる冴えを見せつける。

特記事項
  • ※銃砲刀剣類登録書付。
  • ※本商品に関しまして、お客様のご都合によるご注文のキャンセル、返品は承りかねますので、ご了承ください。

追加情報

重さ69 g
大きさ280 x 130 x 3.8 mm

2 に対するレビュー刀匠・二十五代 藤原 兼房作 お守り短刀

    全ての言語でレビューを表示する (2)

  1. 5段階で 5 の評価

    sw

    美しいですね。是非一度手に取ってみたいです。

  2. 5段階で 5 の評価

    sw

    波紋が良いですね

レビューを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です