日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

剣鉈 五家荘ダマスカス乱紋丹ボルビット9寸・両刃(ナイフアーティスト&研ぎ師コラボ作品)秋友 義彦作

九州の秘境をかけずり回り、やっと出会った幻の山刀“山差”…

170,000 

在庫1個

すぐにお届けできます
商品を比較する

説明

五家荘に眠る幻の山刀が土佐の名工・秋友 義彦と 日本を代表するナイフアーチストのコラボとして鮮やかに蘇る。
特上研ぎ仕上げと高級ボルビット加工に驚嘆!
秋友 義彦(あきとも よしひこ)
剣鉈 五家荘ダマスカス乱紋丹ボルビット9寸・両刃
◎サイズ
全長: 412 mm
刃長: 275 mm
刃厚: 5 mm
本体重量: 534 g
◎仕様
鍛冶師:秋友 義彦
地金:ダマスカス積層鋼
研ぎ:京都天然砥石や刀剣用内曇り砥石を使用した上研ぎ仕上げ。
鋼種:白紙2号
柄:鉄刀木・ボルビット加工
鞘:牛革ケース
◎その他
作者

秋友 義彦


昭和19年(1944年)生まれ。

土佐在住。中学を卒業と同時に二代目義光に師事。

昭和39年三代目を襲名独立。四国の刀匠を訪ね歩き甲伏の秘伝を修得。

土佐鍛造界の重鎮の一人だが、平成30年の5月から納期は未定となっている。

解 説

九州の秘境をかけずり回り、やっと出会った幻の山刀“山差”。

それは、平家谷と呼ばれる五家荘の古老の記憶の中にあった・その記憶を頼りに図面を起こし、それを元に製作したのは、土佐の鍛造の達人、三代目・秋友義彦だ。

秋友義彦と云えば、清冽な甲伏作品に代表されるが、本品は黒打ちの普及品。廉価であるが、その切れ味を剛性は秋友ならではの凄みを持ち合わせている。

刀身は、極軟鋼に白紙2号を割り込んだ本割込鍛造。京都天然砥石や刀剣用内曇砥を駆使し、凄まじい程の切れ味と破壊力を秘めている。さらに、鉄刀木の柄と真鍮ヒルトには、高級カスタムナイフにしか採用しないと云う、高度な柄のボルビット加工が施されている。まさに、大振りの高級大業物として君臨する≪ボルビット五家荘ダマスカス乱紋丹9寸≫。剛性を秘めたその刀姿の底からは、目の肥えた男だけが見分けることのできる本物の香りと風格が匂い立つ。

※ボルビット加工=リューターで木や金属を立体的にデザインし、自由に彫り上げる。

追加情報

重さ534 g
大きさ412 x 275 x 5 mm