日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

飯塚 重房作 炭素鋼「籠手切丸」黒染 鹿角拵え 平造り4寸・両刃

飯塚重房 籠手切丸は、昭和17年、刀物の町三条に生まれ、高校卒業と同時に、刀匠・岩崎重義に師事。後に刀物の天才と誉れ高い刀匠・長島宗則(ながしまむねのり)翁の知遇と得、数々の秘伝を伝授される…

¥145,000sold out

在庫切れ

商品を比較する
商品コード: M1312-201-1
商品タグ:

説明

名工、飯塚重房が挑む、
妖刀「籠手切丸」の絶対の切れ味
飯塚 重房(いいづか しげふさ)
炭素鋼「籠手切丸」黒染 鹿角拵 平造り4寸・両刃
◎サイズ
全長: 205 mm
刃長: 118 mm
刃厚: 3.5 mm
本体重量: 90 g
◎仕様
鍛冶師:飯塚 重房
刀身:重房秘蔵炭素鋼(両刃)
地金:重房秘蔵地金本割込鍛え
研ぎ:刀剣研ぎに準じた超仕上げ
鋼種:重房秘蔵炭素鋼
鞘:高級牛ヌメ皮シース
姿:平造り磨き
◎その他
作者

飯塚 重房


昭和14年(1939年)生まれ。

刀匠・岩崎重義に師事のちに刀匠・長嶋宗則師の門を叩く。真の切れ味について不断のこだわりが重房の今日をあらしめた。
解 説

飯塚重房 籠手切丸は、昭和17年、刀物の町三条に生まれ、高校卒業と同時に、刀匠・岩崎重義に師事。後に刀物の天才と誉れ高い刀匠・長島宗則(ながしまむねのり)翁の知遇と得、数々の秘伝を伝授される。

二人の名匠のもとで鍛えられた飯塚重房。その腕は確か、30代ですでに包丁の大家として世評が高く、61才の現在、右に出る者なく大輪の花を満開。その円熟の技果て第三弾、鏡のように顔の映るほど磨き込んだ、《炭素鋼「籠手切丸」鏡面拵(たんそこう「こてきりまる」きょうめんごしらえ)4寸》として実現された。

尚本品は、鎧(よろい)の一部である堅固な”籠手”をも一刀両断する、妖刀(ようとう)「籠手切正宗(こてきりまさむね)」に因(ちな)みに名付けられた懐刀(ふところがたな)であり、宗正刃物の特別作品である。

刀身は、重房秘蔵の高純度炭素を、これまた秘蔵の蔵金(くらがね)(江戸期古材)に、秘伝本割込鍛造した豪毅な造り。研き仕上げは、丹念に”セン”(鋼を削る手道具)を掛け、さらに、京都産○カ正本山砥石(まるかしょうほんやまといし)及び刀剣用内雲砥石(とうけんよううちぐもりといし)など数種類の天然砥石を駆使。

刀匠・長島宗則翁直伝の”刀剣研き”が施されている。 その名刀を彷彿とさせる刀姿美は、雄渾(ゆうこん)にして流麗。さらに二枚目を想わせるハマグリ刀は、フラットに近く研き上げられ、カミソリのような鋭い切れ味が与えられている。

日本一の切れ味を誇る、《炭素鋼「籠手切丸」鏡面拵4寸》。真に切れる刀物を求め、不断の精進と天性の資質に恵まれた、名工・飯塚重房ならではの、俊英なる名品。

特記事項
  • ※欠品の場合、2~3年待ちの希少の逸品です。現在、1本在庫がございます。

追加情報

重さ 90 g
大きさ 205 x 118 x 3.5 mm

レビュー

レビューはまだありません。

“飯塚 重房作 炭素鋼「籠手切丸」黒染 鹿角拵え 平造り4寸・両刃” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です