日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

土居良明作 銅巻 「オヤジの小包丁」4寸・両刃

切れ味鋭い和式ナイフで、世界にその名を馳せる土居良明(どいよしあき)…

17,000 sold out

在庫切れ

商品を比較する
商品コード: M1703-402
商品タグ:

説明

オヤジの小包丁。今日から男子厨房に入るべし
銅巻「オヤジの小包丁」4寸・両刃
◎サイズ
全長:約 245 mm
刃長:約 120 mm
刃厚:約 3 mm
本体重量: 180 g
◎仕様
鍛冶師:土居 良明
刀身:日立安来鋼 青紙2号(両刃)
柄:樫にオイルスティン銅巻a
鞘:朴に銅板全体巻き
◎その他
その他:国産品
作者

土居 良明


昭和13年(1938年)生まれ。

名匠長運斎行光に師事。後に各地の名工を渡り歩き、土佐自由鍛造の秘伝奥義を継承、加えて独自の鍛造技術を確立、土佐の名門鍛冶。
解 説

切れ味鋭い和式ナイフで、世界にその名を馳せる土居良明(どいよしあき)。土佐自由鍛造の奥儀を継承し、鍛造歴54年。今や、悠悠自適、弧高の鍛冶(かじ)人生を送っている。そんな良明が、オヤジのための料理小庖丁を打ち上げた。

昔から、基本的に男の方が食の感性が高く、旨いものを作る。小生のオヤジもオフクロより味付けがずっとウマかった。その旨い物が食えて、老化防止にもなるのなら、今日から男子厨房に入るべし。

刀身は、日立安来鋼青紙2号を極軟鋼(Soft Iron)に挟み込んだ割り込み鍛造。朴(ほお)の木鞘は全体を銅で包んだ耐久性抜群のフル銅巻き。本来は、キャンプなど野外料理を目的に設計された、頃合のアウトドア小庖丁である。が、もちろん、オヤジの庖丁として我が家の台所で結構楽しめる。今日は私作る人。今日はあなた食べる人。たまには、古女房殿を食卓で、ウキウキ待たせるのもいいではないか。

特記事項
  • ※お届けまでに8〜10ヶ月ほどかかります。

追加情報

重さ 180 g
大きさ 245 x 120 x 3 mm