日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

池村泰欣作 西表ハンター6寸・両刃

朝鮮漂流民の西表見聞記によれば、15世紀頃「山に豕あり、島民槍を持ち狗を引いてこれを捕う」とある…

19,500 

取り寄せの注文(予約注文など)が利用できます

商品を比較する
商品コード: M1812-902

説明

八重山のハンターに捧ぐ池村の矜持!!
池村 泰欣()
池村泰欣作 西表ハンター6寸・両刃
◎サイズ
全長: 300 mm
刃長: 180 mm
刃厚: 4 mm
本体重量: 190 g
◎仕様
鋼種:ジープ板バネ
柄:石垣松バーナー仕上げ
鞘:朴にオイルステイン銅巻
◎その他
作者

池村 泰欣


昭和23年(1948年)生まれ。

流れ鍛冶であった初代と二代目により培われた技倆は三代目泰欣で開花。現在八重山の誂え鍛冶として絶大の信頼を集めている。
解 説

朝鮮漂流民の西表見聞記によれば、15世紀頃「山に豕あり、島民槍を持ち狗を引いてこれを捕う」とある。その狩猟習慣は今日も継承され、犬をセコとした巻狩(まきがり)が行なわれている。そんな西表ハンターのために、八重山の誂え鍛冶として絶大の信頼を集める池村泰欣が1本のハンティングナイフを打ち上げた。《西表ハンター6寸》_。猪の解体や魚のさばきを視野に入れた、西表ならではの万能小刀である。刀身は、米軍シープの板バネ。板バネの性格や扱いに精通してくると、本土からの鋼より切れ味も良いと、島民からの評判も高いと池村は云う。自らの腕だけが頼りの“村の鍛冶屋”は、実用本位。

※お届けまでに1~2ヶ月ほどかかります。

追加情報

重さ190 g
大きさ300 x 180 x 4 mm