日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

中山 英俊作 (2)ボルトアクション・ボールペン(黒染ステン)

世界に羽撃(はばた)く異色のアーチスト、中山英俊(なかやまひでとし)…

29,400 

取り寄せの注文(予約注文など)が利用できます

商品を比較する
商品コード: M2012-802
商品カテゴリー:
商品タグ:

説明

根付師、中山の技が光るボルトアクションのボールペン
(2)ボルトアクション・ボールペン(黒染ステン)
◎サイズ
全長: 133 mm
刃長: 14 mm
本体重量:約 80 g
◎仕様
鞘:桐箱入り
芯:パーカー
◎その他
その他:国産品
作者

中山 英俊


昭和46年(1971年)生まれ。

1989年カスタムナイフメーカー、上釜信行氏に師事。カスタムナイフに伝統の根付彫刻を取り入れた先駆者。その高度な技は、国内外より高評価。今や、世界のナイフアーチストとして認められている。
解 説

世界に羽撃(はばた)く異色のアーチスト、中山英俊(なかやまひでとし)。日本を代表する優秀なカスタムナイフメーカーでもあり、新進気鋭の根付師(ねつけし)でもある。日本伝統の根付彫刻の技を、カスタムナイフと融合させた“根付ナイフ”の先駆者だ。

“根付(ねつけ)”とは、江戸時代に始まる装飾小物。煙草(たばこ)入れや、印籠(いんろう)などを帯から吊り下げるための留め道具だ。

本品は、そんな中山英俊ならではの洗練されたアイディアと、精緻な技が盛り込まれた、ボルトアクションのボールペン。(1)真鍮と(2)黒染ステンの2アイテムだ。

それは、本年9月のパリナイフショーでも大人気。たまたま小生も同行させてもらったが、次から次へと中山ファンがテーブルに訪れ、ボルトアクションのボールペンで、カシャカシャと遊んでは購入して行く。そんな光景を目の当りに、改めて中山の凄さを見せつけられた想いがした。いずれも一本のメタルの丸棒から削り出して行く、高難度インテグラル。

さらに、替芯が世界のカランダッシュとくれば、まさに垂涎モノである。思わず小生も一本注文を入れてしまった。

特記事項
  • ※本商品に関しまして、お客様のご都合によるご注文のキャンセル、返品は承りかねますので、ご了承ください。
  • ※お届けまでに4〜5ヶ月かかります。ご了承下さいませ。

追加情報

重さ 80 g
大きさ 133 x 14 mm