日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

京都天然砥石 純真マルカ正本山 本間山中山礦山産出(岩崎選)No.953A 畑中砥石扱い 1970年代

世界一の品質を誇る京都仕上砥石…

¥お問合せください

在庫1個

商品を比較する
商品コード: maruka177-7
商品タグ: ,

説明

京都天然砥石の最高峰!
秘蔵・中山鉱山マルカ正本山(岩崎選)畑中砥石扱い!
京都天然砥石 純真マルカ正本山 本間山中山礦山産出
(岩崎選)No.953A 畑中砥石扱い 1970年代
◎サイズ
全長: 70,193,25(W,H,T) mm
本体重量: ー g
◎仕様
産地:京都
鋼種:
◎その他
作者
Coming Soon...
解 説

世界一の品質を誇る京都仕上砥石。中でも品質最高とされ、歴代の天皇家、幕府の御用砥と重要されてきたのが、本間山、中山鉱山産出”純正マルカ正本山砥石”だ。平安の昔から近年まで掘り尽され、今日ではもはや少量の在庫と上物秘蔵品が、中山鉱山採掘元の畑中家に残すのみとなっている。

因みに、最後の採掘は、昭和47-57年にかけての10年間(総採掘費5千万円)と、昭和60-63年の3年間(総採掘費3千万円)桜坑口と大坑口を攻めるが、採掘利益相当額は推定、1千数百万円と大赤字、徒労に終っている。本品は、1978年、畑中砥石より入荷。中山鉱山純真マルカ正本山砥石の中でも、類稀な、刀匠・岩崎重義翁の選んだ ”岩崎選” の印が押している。

岩崎翁は、昔から中山の採掘権を持っている畑中家とは懇意であり、本品純正マルカ正本山の証明となっている。筆者も、岩崎翁との関係から、畑中氏とは京都の街を飲み歩いたものだ。因みに、宗正刃物が中山のマルカ正本山に力を入れていた頃、ほんの一時期であるが、マルカ正本山の関東総販売元の証書をいただいていたこともある。

2億年以上もの太古に生まれ、1mmごとに1000年もの時を費やし、生成された砥石だけにその研ぎ味は、まさに絶妙の一言。古より料理人を支え、かの法隆寺や、金閣、銀閣寺に見られる精巧な木造建築、精微な彫刻を支えた”真物”の砥石の素晴らしさを、ぜひ、この機会にご堪能いただきたい。コレクター垂涎。

特記事項
  • ※スペックにあるサイズはおおよそのサイズとなります。ご了承くださいませ。

追加情報

大きさ193 x 70 x 25 mm