日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

無鑑査刀匠 宗 勉 脇差 おそらく造り

950,000 

在庫1個

商品を比較する
商品コード: 3072-1
商品カテゴリー: ,
鋼種:玉鋼
刀匠・鍛冶師:日本刀匠, 宗 勉

説明

源清麿写しの第一人者、
宗勉(そうつとむ)の上出来作品!
無鑑査刀匠・宗 勉(むかんさとうしょう ・そう つとむ)
無鑑査刀匠 宗 勉 脇差 おそらく造り
◎サイズ
刃長:約 340 mm
本体重量:約 450(本体) g
反り: 5 mm
元幅: 27 mm
元重ね: 6 mm
◎仕様
刀匠:無鑑査刀匠・宗 勉
目釘穴:
はばき:金着せ二重
体配:おそらく造り
地鉄肌:板目肌鍛え
刃紋:互の目
鋼種:玉鋼
鞘:朴の木鞘
登録番号:福岡県 64154
交付年月日:昭和48年5月
時代:昭和
◎その他
作者

宗 勉


昭和2年(1927年)福岡生まれ。

1945年、父、宗正光に師事。

1955年、文化庁認定刀匠となる。同年、独立。

1968年、新作名刀展にて奨励賞。

1978年、1980年、奨励賞。

1981年、文化庁長官賞。

1983年、毎日新聞社賞。

1987年,薫山賞。

1989年、文化庁長官賞。

1990年、高松宮賞。以後、特賞を連続受賞。

1997年、無鑑査認定。次期、人間国宝と衆目を集め、現代刀匠界を代表する刀匠。

2015年、逝去。88歳。

解 説

刀匠の最上位である、無鑑査刀匠の中でも上位無鑑査刀匠として定評があり、次期人間国宝と衆目を集めた宗勉(そうつとむ)。

清冽にして秀麗な中に、日本刀の原点である真の切れ味を追及した刀匠としても有名。

直心影流十七代宗家、秋吉博光師と長い年月、長期にわたり最高の切れ味を求め日本刀の作刀に尽力されたと聞いている。そして、抜刀真剣、試し切りの第一人者とされる“平成の侍”町井薫が推薦する刀匠の一人でもある。

刀の専門家ではないので、難しいことはわからないが、無鑑査刀匠のものを含め、今まで見てきた“おそらく造り”の中で一番の傑作と思う。刀姿のバランスといい、冴え、力強さ、働き、どこを見ても名人の名に相応しい高雅な香りが漂っている。