日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

飯塚重房 霞・出刃120㎜

71,500 sold out

在庫切れ

商品を比較する
商品コード: kdeba120
商品カテゴリー:
刀匠・鍛冶師:飯塚 重房
商品タグ:

説明

プロの厳しい要求に答えた鮮やかな切れ味。
日本一と謳われる、飯塚重房の包丁!
飯塚 重房作 出刃包丁 120mm
◎サイズ
全長:約 255 mm
刃長:約 125 mm
刃厚:約 6 mm
本体重量:約 149 g
◎仕様
鍛冶師:飯塚 重房
地金:重房秘蔵地鉄
鋼種:重房秘蔵炭素鋼
柄:朴・水牛
刃付け:片刃
姿:出刃
◎その他
作者

飯塚 重房


昭和14年(1939年)生まれ。

刀匠・岩崎重義に師事のちに刀匠・長嶋宗則師の門を叩く。真の切れ味について不断のこだわりが重房の今日をあらしめた。
解 説

刀匠・長嶋宗則翁と岩崎重義。2人の名匠のもとで鍛えられた飯塚重房。

その腕は、確か。30代ですでに包丁の大家と世評が高く、78才の現在、右に出る者なし。

「重房の包丁を使ったら他の包丁は使えない」とプロの調理師から圧倒的な支持を受ける、飯塚重房の和包丁。

現在、2人の子息、正行氏、佳英氏も一人前となり、師である父を超えるまで成長した。

魚体を骨ごと切り分け、中型から大型魚にかけての¨さばき¨に絶対の威力を発揮する。

天性の資質に恵まれ、日本一の切れ味を誇る重房の包丁。

求むれば、一般家庭の主婦でも料理の気構えが自ずと変わってくるに違いない。