日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

刀匠・竹花 一貫斎 繁久作 玉鋼黒檀杷和式狩猟刀3寸・両刃

刀匠・竹花一貫斎繁久(たけはないっかんさいしげひさ)。昭和46年、名工の誉れ高い笠間一貫斎繁継(かざまいっかんさいしげつぐ)の流れを汲む、名匠・酒井一貫斎繁政(さかいいっかんさいしげまさ)を師と認め入門する。竹花22歳である。先手(さきて)を勤め、向(む)こう槌(づち)を振るい、刀身彫刻を学び修業の日日を送る。「槌の柄(つちのえ)を血糊(ちのり)で濡らすことも度々あったが、苦に思ったことはない」と云う…

360,000 

在庫1個

すぐにお届けできます
商品を比較する
商品コード: M1407-201-1
商品カテゴリー:
鋼種:玉鋼
商品タグ:

説明

地鉄こそ日本刀の神髄、姿に遊び、
焼刃に没入する竹花の世界
刀匠・竹花 一貫斎 繁久(とうしょう たけはないっかんさい しげひさ)
玉鋼黒檀杷和式狩猟刀3寸・両刃
◎サイズ
全長: 217 mm
刃長: 117 mm
刃厚: 4.8 mm
本体重量: 137 g
◎仕様
鋼種:玉鋼
柄:黒檀にボルビット加工
鞘:高級牛ヌメ皮手縫いシース
◎その他
その他:国産品
作者

竹花 一貫斎繁久


昭和24年(1949年)生まれ。

昭和46年、刀匠・酒井一貫斎繁政に師事。昭和52年、文化庁認定の刀匠となる。昭和53年独立。昭和58年埼玉県に鍛練所開設。新作名刀展において、努力賞、優秀賞を受賞。現在全日本刀匠会理事。全日本刀匠会関東支部副部長。
解 説

刀匠・竹花一貫斎繁久(たけはないっかんさいしげひさ)。 昭和46年、名工の誉れ高い笠間一貫斎繁継(かざまいっかんさいしげつぐ)の流れを汲む、名匠・酒井一貫斎繁政(さかいいっかんさいしげまさ)を師と認め入門する。竹花22歳である。先手(さきて)を勤め、向(む)こう槌(づち)を振るい、刀身彫刻を学び修業の日日を送る。「槌の柄(つちのえ)を血糊(ちのり)で濡らすことも度々あったが、苦に思ったことはない」と云う。

昭和52年、文化庁認定の刀匠となり、師より、一貫斎の栄誉「繁(しげ)」を授かり繁久を名乗る。同年、新作名刀展に初出品、初入選。翌年には、努力賞を受賞している。そして、記念すべき第18回新作名刀展において、南北朝の名工、備前長船長儀(びぜんおさふねちょうぎ)に肉薄する“相備前伝(そうびぜんでん)”を、長尺の太刀で出品し優秀賞を受賞。

小板目詰(こいためつ)み、豪壮な沸本位字刃(にえほんいじば)は、長儀(ちょうぎ)名刀再現なりやと衆目(しゅうもく)を集める。”相備前伝”とは、相州伝と備前伝の良いところを最大限に引き出し融合させた鍛法(たんほう)である。地鉄(ぢがね)こそ日本刀の神髄」と云う竹花一貫斎。そこには、世界の冠たる日本刀の素材である“玉鋼(たまはがね)にその意味を求め、江戸初期の慶長新刀(けいちょうしんとう)に想いを馳せる。

今回発表の《玉鋼黒壇把和式狩猟刀(たまはがねこくたんづかわしきしゅりょうとう)3寸》は、狩猟家のために作刀した和式狩猟刀。竹花自身、狩猟、解体に精通しているだけあって、その急所を押さえ、的を得た造りに思わず驚嘆。竹花の狩猟刀造りは、日本刀を構成する三大要素、姿(すがた)、地鉄(ぢかね)、焼刀(やいな)に遊び没入する、巾広い感性を磨くための研鑽(けんさん)の場であり、息抜きの時である。

刀身は玉鋼。姿は平造(ひらづく)り。地肌は小板目(こいため)。刃紋は、互(ぐ)の目乱(めみだ)れ。上質の黒壇把(こくたんづか)には、丹念に槌目(つちめ)模様を手掘り、端厳(たんげん)な表情を醸す。気の遠くなるような精根のいる作業であるが、味わいのある握り心地と堅牢(けんろう)さ、さらに、手の延長と機能する抜群の操作性が付与されている。この上、ニッケルシンバーのヒルトとバドキャップには入念な毛彫(けぼ)り彫刻が施され一段と高雅。の刀姿の底からは、威厳と風格が香り立ち、竹花一貫斎繁久ならではの目も眩(くら)む逸品に仕上がっている。

特記事項
  • ※仕様が画像と異なる場合がございます。
  • ※即納できます。
  • ※本商品に関しまして、お客様のご都合によるご注文のキャンセル、返品は承りかねますので、ご了承ください。

追加情報

重さ137 g
大きさ217 x 117 x 4.8 mm

レビュー

レビューはまだありません。

“刀匠・竹花 一貫斎 繁久作 玉鋼黒檀杷和式狩猟刀3寸・両刃” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です