日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

土居良明作 土佐伝 「猪毛-止刺」9寸・両刃

猪を追い立てる勢子(せこ)が、常に腰にたばさみ愛用していたと云う≪土佐伝猪毛「止刺」(とさでんいのけ「とめさし」)9寸≫…

29,000 sold out

在庫切れ

商品を比較する
商品コード: M1907-601
商品タグ:

説明

土佐400年の誇りを賭(と)して 鍛え上げし狩猟刀の傑作
土佐伝「猪毛-止刺」9寸・両刃
◎サイズ
全長:約 425 mm
刃長:約 270 mm
刃厚:約 6 mm
本体重量:約 400 g
◎仕様
鍛冶師:土居 良明
刀身:極軟鋼に日立安来鋼 青紙2号を本割込み鍛造
柄:樫にオイルステイン染め
鞘:朴にオイルステイン染め、銅巻き/いおり棟/冠落し
口金:
◎その他
その他:国産品
お届けまでに8~10ヶ月ほどかかります。
作者

土居 良明


昭和13年(1938年)生まれ。

名匠長運斎行光に師事。後に各地の名工を渡り歩き、土佐自由鍛造の秘伝奥義を継承、加えて独自の鍛造技術を確立、土佐の名門鍛冶。
解 説

猪を追い立てる勢子(せこ)が、常に腰にたばさみ愛用していたと云う≪土佐伝猪毛「止刺」(とさでんいのけ「とめさし」)9寸≫。

猪の喉元を一突きでえぐり、そして、勇壮な巻狩(まきがり)では藪を払うブッシュナイフとなり、あるいは、仕留めた猪の堅い皮を難無く切り裂き、ケボカイ(解体)に重宝されてきた。

いわば、土佐狩人の守護身刀とも云える大型の狩猟刀だ。

この土佐に伝わる伝統の狩猟刀が、土佐自由鍛造の奥儀を継承する、土居良明(どいよしあき)の手により、創意工夫を加え甦った。

刀身は、鮮やかな切れ味で定評の安来鋼青紙2号の本割込鍛造。猪の剛毛をサラサラと刈り上げ、切先を鋭利に落し込むことにより、止刺(とめさ)しに威力を発揮。

棟(むね)は、狩猟刀には珍しい清冽な刀剣拵“いおり棟”。

名工・土居良明の卓越した技能が一つの作品として結実した、類稀(たぐいまれ)なる大振りの業物だ。

追加情報

重さ400 g
大きさ425 x 270 x 6 mm