日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

佐治武士作 (2)手の平出刃 (磨)2寸5分・両刃

数年前、本誌あてに「良く切れて手の平サイズのお洒落なミニ出刃が欲しい」と云う要求に答えるべく生まれた”手の平出刃(ひらでば)”…

24,000 sold out

在庫切れ

商品を比較する
商品コード: M2103-502
商品カテゴリー: ,
商品タグ:

説明

釣り名人の我がままに100%応えた“手の平出刃”
(2)手の平出刃(磨)2寸5分・両刃
◎サイズ
全長:約 145 mm
刃長:約 80 mm
刃厚:約 3.5 mm
本体重量: 94 g
◎仕様
鍛冶師:佐治武士
刀身:ダマスカス積層鋼と日立安来鋼白紙2号の三枚合せ
柄:共柄にエゾ鹿角
鞘:牛皮シース
◎その他
その他:国産品
作者

佐治 武士


昭和23年(1948年)生まれ。

700年の伝統を誇る越前刃物の産地武生を代表する鉈鍛冶三代目。中学を卒業と同時に二代目に師事。同年、鍛冶訓練校に入学。1963年、三代目を襲名。1992年伝統工芸師の認定を受ける。確かな技術と創意工夫で、優れた刃物を生み出している。
解 説

数年前、本誌あてに「良く切れて手の平サイズのお洒落なミニ出刃が欲しい」と云う要求に答えるべく生まれた”手の平出刃(ひらでば)”。 当時、宗正企画がデザインを起し、本成寺修司に製作を依頼してベストセラーとなった逸品。 今回は、越前を代表する鍛冶三代目・佐治武士に白羽の矢が立った。

刀身は、幽玄なダマスカス積層鋼に、高純度炭素鋼の日立白紙(しろがみ)2号の三枚合せ。 共柄には厳選したエゾ鹿の角を施し、柄尻(つかじり)にはホールド性を高める典雅な正絹組紐(しょうけんくみひも)を装備。 手の平サイズながら、精悍なフォルムの中に強烈なメスの切れ味を秘め、携帯にも便利な”佐治流の手の平出刃”が誕生した。

その息づく存在感は、手にした者を魅了してやまず、今回も友人の釣キチカメラマンが逸早く注文を入れてしまった。 試作のプロトタイプから数年の時を費やし生まれた”手の平出刃”。

使い込むほどに、その性能の凄さを見せつけてくれる。

追加情報

重さ94 g
大きさ145 x 80 x 3.5 mm