日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

土居良明作 渓流キリハ 3寸5分・両刃

嫋(たお)やかに流れる清流は時として荒れ狂い、多くの川魚師(かわし)達を飲み込んできた歴史をもつ四万十川(しまんとがわ)…

18,000 sold out

在庫切れ

商品を比較する
商品コード: M2307-306
商品カテゴリー: ,
商品タグ:

説明

四万十川魚師(かわし)の懐小刀
渓流キリハ3寸5分・両刃
◎サイズ
全長:約 225 mm
刃長:約 110 mm
刃厚:約 3.5 mm
本体重量: 120 g
◎仕様
鍛冶師:土居 良明
刀身:日立安来鋼 青紙2号に極軟鋼の古式火造り本割込鍛造
柄:樫にオイルステイン塗布
鞘:朴にオイルステイン塗布、銅巻き
口金:
◎その他
その他:国産品
作者

土居 良明


昭和13年(1938年)生まれ。

名匠長運斎行光に師事。後に各地の名工を渡り歩き、土佐自由鍛造の秘伝奥義を継承、加えて独自の鍛造技術を確立、土佐の名門鍛冶。
解 説

嫋(たお)やかに流れる清流は時として荒れ狂い、多くの川魚師(かわし)達を飲み込んできた歴史をもつ四万十川(しまんとがわ)。そこには欄干(らんかん)の無い“沈下橋(ちんかばし)”が架かっている。

川魚師(かわし)とは、川に生きる人。僅かな玄米と味噌を携え、渓流深く分け入り露営する。そんな彼等が肌身は離さず懐に忍ばせていたのが本品、≪渓流キリハ≫だ。

鍛え上げたのは、長年四万十(しまんと)川魚師(かわし)のために小刀を造り続けて来た土佐の名工・土居良明(どいよしあき)。

切先にかけ鋭利で細身の刀身は、仕掛作りや魚の腸裂きに威力を発揮。まさに、本作は四万十川魚師を支えた比類なき万能小刀と云える。

特記事項
  • ※お届けまでに8〜10ヶ月ほどかかります。

追加情報

重さ 120 g
大きさ 225 x 110 x 3.5 mm