日本刃物総本店 | 玉鋼・庖丁・ナイフ・刀類・高級刃物専門
Japanese Cutlery Pro Store | Tamahagane, Kitchen knife, Sword, etc

秋友義彦作 剣鉈 鎧通し拵7寸・両刃

土佐自由鍛造の奥儀を継承し、日本刀作刀の鍛法甲伏(こうぶせ)の技を取り入れた“甲伏造(こうぶせづく)り”や互(ぐ)の目(め)乱れ紋丹(もんたん)などの新風を土佐鍛造界に送り続けている名工・秋友義彦(あきともよしひこ)…

31,500 sold out

在庫切れ

商品を比較する
商品コード: M2512-101
商品タグ:

説明

凄まじいまでの迫力を放射する鎧通拵は、重ね厚6.5mmもの蛤刃7寸!
秋友 義彦(あきとも よしひこ)
秋友 義彦作 剣鉈 鎧通し拵7寸・両刃
◎サイズ
全長:約 365 mm
刃長:約 210 mm
刃厚:約 6.5 mm
本体重量:約 375 g
◎仕様
産地:国産品
鍛冶師:秋友 義彦
刀身:日立安来鋼白紙2号を極軟鋼に火造り本割込鍛造
地金:極軟鋼
鋼種:日立安来鋼白紙2号
柄:樫に麻糸巻き特殊樹脂塗布
鞘:朴にオイルステイン塗布、ステンレス巻き/吊り下げ用皮バンド
口金:
◎その他
作者

秋友 義彦


昭和19年(1944年)生まれ。

土佐在住。中学を卒業と同時に二代目義光に師事。

昭和39年三代目を襲名独立。四国の刀匠を訪ね歩き甲伏の秘伝を修得。

土佐鍛造界の重鎮の一人だが、平成30年の5月から納期は未定となっている。

解 説

土佐自由鍛造の奥儀を継承し、日本刀作刀の鍛法甲伏(こうぶせ)の技を取り入れた“甲伏造(こうぶせづく)り”や互(ぐ)の目(め)乱れ紋丹(もんたん)などの新風を土佐鍛造界に送り続けている名工・秋友義彦(あきともよしひこ)。

そんな秋友が今回、取り回しが良く、小技のきく7寸の鎧通(よろいどお)し拵(ごしらえ)を打ち上げた。

鎧通しは通常、右腰に右手差(めてざ)しする。逆差しすることにより、素早く抜くことが出来るからだ。

組打ちに相手の鎧のスキ間から刺し込み、敵を屠(ほふ)ることから、そう呼ばれるようになった。そのため、刀身は細身で重ね厚く、刀身長は寸。極めて頑強な造り込みとなっている。

本品は、獲物のと止め刺しを目的に製作され、刀身長7寸にしては、重ねの厚い6.5mmもの業物だ。その刀姿美は雄渾(ゆうこん)にして清冽。凄じいまでの迫力を放射している。

刀身は、日立安来鋼白紙2号(White #2)を極軟鋼(Soft Iron)にタガネで割り込んだ、本手打ち火造り鍛造。樫の古木柄には、滑り止めに麻糸を丹念に巻く。

流麗にして繊細な中にも力強さを感じさせる≪鎧通し拵7寸≫。そのフォルムの底から立ち登る威厳と風格は、まさに、山刀の王者と呼ぶに相応しい。

特記事項
  • ※欠品の場合、お届けまでに6ヶ月かかります。

追加情報

重さ375 g
大きさ365 x 210 x 6.5 mm